前へ
次へ

弁護士に正式依頼する前の相談料金

弁護士に何かを依頼する時には、たいてい料金はかかります。
難しい法的手続きを代行してもらう訳で

more

電話による弁護士事務所への相談と伝言依頼

何かの案件で弁護士に正式依頼した後は、電話で相談する事もよくあります。
ただ事務所によっては、

more

弁護士に相談することのメリット

弁護士の場合には、色々なタイプの相談を無料で受け付けていたり夜遅い時間や土日などでも連絡できたりする

more

離婚したいと言われしたくないなら弁護士に相談

夫婦喧嘩は犬も食わぬとのことわざがあります。
犬は飼い主に何かトラブルなどがあればいろいろ心配をする賢い動物ですが、夫婦喧嘩によるトラブルは日常茶飯事なのでそのたびに心配することはなくなります。
もちろんどんな夫婦げんかであれ少なからずの原因がありどちらかに何らかの問題があるのかもしれません。
ただそれを後々まで言い合っていては夫婦関係は続けられないでしょう。
大抵は大人の対応ができる側が謝りを入れて解決しようとするのかもしれません。
ただ夫婦喧嘩があまり長く続くようだと状況が次第におかしくなるときがあります。
いつものように一方が謝って収めようとしたのに一方はそれを受けいれない状態が続きます。
そして勢い余って離婚する旨を相手に伝えてしまうかもしれません。
それまで無理に謝って解決しようとしてきた方もその態度にあきれてじゃあ本当に離婚をしましょうとなります。
最初に離婚と叫んだ方は後でじっくり考えて自分の行動の悪さを反省するのでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

夫婦間の喧嘩で離婚の言葉が出るのは良くあることで、離婚届を用意するまでもそれなりにあるでしょう。
でも本当に名前を書いて印を押すとなるとただごとでない状態と言えます。
まずは弁護士に相談をしてこの後どうしたいのかを伝えましょう。
離婚をしたくないなら何をすればいいのか、このまま離婚を進めるならどうするのかを聞くと良いかもしれません。
離婚を切り出されるときにどちらにその原因があるかはその時によって異なります。
相手の浮気に嫌気がさして離婚したいと言い、浮気をした人がしたくないと弁護士に相談するときもあります。
一方浮気をした方が開き直って離婚をしようと言って、言われた方が子供のためにととどまるように説得したいときがあるでしょう。
離婚を協議離婚で行うには互いに納得しなければならず、一方が納得しないときは調停離婚から裁判による離婚などに進みます。
調停や裁判でいい印象を残す為にも、弁護士に相談しておくと良いでしょう。

Page Top