前へ
次へ

電話による弁護士事務所への相談と伝言依頼

何かの案件で弁護士に正式依頼した後は、電話で相談する事もよくあります。
ただ事務所によっては、なかなか本人と連絡できない事もありますから、注意が必要です。
というのもその士業の方は、普段から外出している機会も多いです。
その士業の方は、裁判などに行くケースも多々あります。
慰謝料などのやり取りがあるので、裁判所に行っている方も少なくありません。
ですから事務所に電話で相談しようとしても、事務担当者が対応するケースが多いです。
ただ電話をかけた時は、事務担当者に伝言を残すこともできます。
一旦は事務担当者が話をヒアリングして、弁護士に用件を伝えてくれる訳です。
事務所に電話をかけますと、「伝言しておきますが、何か伝える事はありますか」と言われるケースも多いので、電話をかける前に準備しておくと良いでしょう。
あらかじめ伝言の内容をまとめておけば、やり取りもスムーズになります。
法律事務所では、弁護士本人が電話に出るケースはめったにありません。
事務担当者が対応する事を前提に、電話をかける方が良いでしょう。

Page Top